読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せどり経営分析研究所

茨城の田舎副業せどらーでも月商100万! 数字が苦手な平凡サラリーマンが、月商100万を超えた理由などまったりとつづっていきます

なぜ失敗は怖い?

こんにちは。タップです。

 

あなたは失敗が怖いですか?

 

そうですよね。
私も出来れば失敗はしたくないです。

 

「失敗は成功のもと」
「失敗は宝だ」
などと言います。

 

とはいうものの、やっぱりミスをしたらと
思うと、躊躇してしまいます。

 

では、なぜ失敗は怖いのでしょう?

 

それは、
「やり方がわからない」
「取り返しのつかないことにならないか?」
「恥ずかしい」
など、未知のものに対しての恐怖心です。

 

では、せどりでいう失敗とは?

 

例を挙げると、
「利益の出ない商品を仕入れてしまう」
「商品の返品」
「クレームが入る」
「垢BANを食らう」
などです。
 ※垢BANとは、アマゾンのアカウントが停止されて
  しまうことです。

 

初心者の頃は、まだ経験がないものが多いので
1つ1つの対応方法がわからないのでパニックに
なることもあるでしょう。

 

でも、経験してしまえば大した事ではありません。
例に対して、対応方法を考えてみましょう。

 

「利益が出ない商品を仕入れてしまう」
これは、いつでも経験する事です。
上級者でも避けられません。
逆にいうと普通のことで、他の商品で利益を取って、
トータルでプラスになれば問題ありません。

 

「商品の返品」
これも、よくあることです。
商品が不良品だった場合など。
これは商品に問題があっただけで、あなたのせいでは
ありません。
アマゾンから連絡があったら、返却してもらい、
購入店舗に修理に出して、再度出品すればいいです。

 

「クレームが入る」
これは、基本的にはアマゾンが対応します。
そのために手数料を払ってるわけですから。
ごく稀に、直接電話がかかって来たり、メールが来る事が
ありますが、相手の気持ちを受け取った後、
対応はアマゾンが行うことを伝えれば大丈夫です。

 

「垢BANを食らう」
これは痛恨ですね(苦笑)。
基本的にアマゾンの注意事項を読んで、それに該当する
商品を扱わなければアカウントが停止することは
ありません。
私もまだこれは体験したことはないです。
ただ、垢BANを食らっても、一生出品できないわけでは
ありません。

仲間のせどらーさんの体験ですが、誠心誠意謝罪をして、
今後の改善内容を提示すれば、長くても数週間で復帰
する事ができます。

逆にこれを経験すると「怖いものがなくなる」とも
言えます(笑)

 

このように不測の事態が起こっても、
その対応方法が分かっていれば、
それに沿った行動を取ればいいだけです。

 

もしこの失敗を避けようとしたら
どうでしょう?

 

少し例を考えると、
・安全な選択しかしない
・よけいミスを怖がる
・経験のチャンスを逃す
・上っ面なことしか言えなくなる
などがあります。

 

下手をすると、1年経っても同じような
商品しか仕入れられないというような
事態になりかねません。

 

これこそ、せどりとしては失敗です。

あえてミスをする必要はありませんが、
未経験でビビりそうになったら、
「これを後々のネタにしちゃえ」
とチャレンジしてみてください。

 

それでは、また。