読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せどり経営分析研究所

茨城の田舎副業せどらーでも月商100万! 数字が苦手な平凡サラリーマンが、月商100万を超えた理由などまったりとつづっていきます

店舗か電脳か

こんにちは、タップです。

 

 

せどりを始めた頃、仕入れは店舗がいいのか、
電脳がいいのか迷いました。

 

 

結論を言うと、
どっちでもいいです。

 

 

って、元も子もないですが。

 

 

ただ、どちらかに絞った方がいいです。

 

 

それは、店舗と電脳ではリサーチの仕方が
違うからです。

 

 

店舗は、陳列されている商品をみて、利益が
取れそうなものをモノレートやアマゾンを調べて
判断します。

 

 

電脳は、利益が取れそうな商品を検索して、
モノレートやアマゾンを調べて判断します。

 

 

似てるようでかなり違います。

 

 

実際にやってみるとわかります。

 

まずどちらも試してみて、自分が合ってると
思った方に集中した方が効率はいいです。

 

 

私の場合、パソコンを扱うことが多いで電脳の方が
合ってると思ったのですが、やってみると
店舗の方が楽だと感じました。

 

 

電脳の方は、検索キーワードのセンスが問われます。
キーワードが思いつかないと、商品自体が見つからず、
利益がどうこう言える状況になりません。

 

 

例えばヤフオクなどで、「DVD」のタイトルを
「ガールズ&パンツァー」とするのと、
ガルパン」とするのでは
検索される商品が変わります。

 

 

そこを工夫できる人は強いです。

 

 

逆に店舗の方は、検索キーワードは必要ないですが、
膨大な商品棚から利益を取れる商品を探さないと
なりません。

 

 

もちろん、初心者は商品知識も相場観もないので、
10商品ぐらい検索して、1つも利益が取れないと
心が折れます。

 

 

店舗でも電脳でも、ここは踏ん張りどころです。

 

 

とにかく、アホみたいに検索します。

 

 

具体的に書くと長くなるので、
次回、初心者が店舗で検索する方法を
書いていきます。

 

 

それでは、また。